バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク・自動二輪・原付の任意保険の大切さと基礎知識を初心者にも分かり易く解説しています。
自動車賠償責任保険(自賠責保険)は強制保険といわれるとおり、強制的に入ることになる保険ですが、
バイク保険は任意保険もセットにして考える保険です。
今や、任意保険は二輪に乗るライダーのマターの一つになっています。

----------------------------------------------------------------------------------------

バイクの保険には、任意保険と強制保険があります。
バイクや自動車を購入すると、「自動車賠償責任保険(自賠責保険)」という強制保険に自動的に加入が義務づけられています。 ところが、実際のバイク事故では、そこで発生するバイク事故の損害賠償に対して、自賠責保険の補償では不足する場合が多々あります。 バイクの自賠責保険だけでは、補償額、補償範囲ともに十分とはいえません。そこで、十分な補償をするためにバイク保険があるのです。バイク保険に加入するのが自由な任意保険ですが、バイク保険への加入は常識となっています。
 
Web bike-insu.seesaa.net

示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル> ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

5000.gif


バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|価格.comバイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|保険スクエアbang!バイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|比較.comのバイク保険一括見積もり!
アクサダイレクト:ネットでお申込なら最大3500円割引


■バイク保険会社を見直すのがいいのか?

よく保険の見直しのことを耳にします。
それでは、バイク保険の見直しは定期的にやったほうがいいのでしょうか?

もし、無事故でバイク保険を使っていなければ、保険の等級が上がり割引されているはずです。
それが、3年や4年経過しているならかなりの割引になっているはずです。

もしも、バイク保険を乗り換えるなら、現在の等級と年間の保険金額を確認してから比較検討したほうが良いですね。

■バイクの盗難でデジカメまでも・・・!

バイクが盗難に合ってしまい、トランクに入れてあったデジカメも盗まれてしまいました!バイクの保険証書を確認してみると、「携行品担保特約」という特約に入っていました。
その内容は、「バイクに搭乗中以外も含め、お客様が携行している身の回り品(カメラ・時計等)が破損したり盗難にあった場合、10万円を限度に保険金をお支払いします。(免責金額5,000円)ただし、置き忘れ、または紛失は補償されません。」となっています。
さて、それではこの場合、10万円を限度にした保険金は支払われるのでしょうか

残念ながら、支払いの対象外になってしまいます。
「携行品担保特約」は、携行中の事故に限るわけです。つまり、バイクの盗難はバイクから離れている間の事故ということになるので、デジカメは放置(置き忘れ)していた間の事故となってしまうわけです。

■バイク保険の保険会社が少ない?

「バイク保険一括見積もり」で調べるてみると、バイクの保険会社が少な買ったりします。
バイク保険を取り扱っている保険会社はほとんどないのでしょうか?

そんなことは無いです。
自動車保険を扱っている大手の保険会社であれば、ほとんどがバイク保険も取り扱っています。
それではなぜバイク保険の保険会社があまり目立たないのでしょうか?

なぜなら、車よりバイクのほうが事故が多いからです。
要するに、保険会社としても保険を積極的に使いたくないのでしょうね!

■原付バイク保険と軽自動車の保険

あなたは、原付50CCのバイクと軽自動車に乗っています。
このとき、お得な任意保険の加入方法はあるでしょうか?

ファミリーバイク特約を使うと良いですね。
つまり、軽自動車の保険に原付のファミリーバイク特約を付けるわけです

原付のバイクを持っている方は自動車保険とうまく利用しましょう。

■バイク保険に入っていると得なこと!

◆携行品担保特約:

携行中の身の回り品に生じた損害を補償、ツーリングに必須のバイク任意保険といえる。
持ち物に生じた損害を補償してくれるものです。
例えば、ツーリングをしていて携帯電話やカメラの損害をバイク保険が補償してくれる。自宅から持ち出した身の回り物品であればバイクで運んだかどうかは問わないそうです。


◆車両盗難時の臨時費用:

バイクが盗難にあってしまった時の臨時費用を補償してくれます。
バイクの任意保険の加入しているバイクが盗難にあった場合、警察への盗難届の提出と、新規にバイクを購入する時に限りその費用の一部として2万円が支払われる特約です。
ただし、この二輪任意保険の特約は、盗難が確定した日から60日以内が有効となっている。


◆他車運転危険担保特約:

乗り物は車でもバイクでも友人のバイクと乗り比べをしたり、拝借りたりするケースがよくあります。
そんな他人のバイクを借りた時の事故を補償してくれる特約です。
友達にバイクを借りて事故を起こしてしまった時、その友達のバイクに保険がかけられていない場合に、自分のバイクにかけた任意保険から補償が受けられる特約です。この特約は、自動者保険には無く、二輪の任意保険だけの特約になります。
しかしバイクの任意保険普及率は現在のところ約3割程度といわれています。
つまり、他人のバイクを借りて乗った場合、約7割の確率で任意保険に加入してないバイクがあるという事になります。


◆一般的な二輪任意保険による保障

対人賠償責任保険:
被害者の身体的被害に対して補償をする保険になります。
対人賠償の自賠責保険だけでは絶対に足りないので、その差額の保険金を補償してくれます。
これは、対物賠償責任保険 対人賠償責任保険と同じで、対象がモノになった二輪任意保険になります。

搭乗者傷害保険:
ライダーを含めたバイクに搭乗中の人が事故により死傷した場合、その怪我の補償をしてくれます。

人身傷害補償保険:
ライダーに過失がある事故で自分もケガをした場合。または相手が悪いのに、保険未加入者で自分の治療費を支払ってもらえない場合でも補償されます。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
Copyright(C) 2006 バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険 All Rights Reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。