バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク・自動二輪・原付の任意保険の大切さと基礎知識を初心者にも分かり易く解説しています。
自動車賠償責任保険(自賠責保険)は強制保険といわれるとおり、強制的に入ることになる保険ですが、
バイク保険は任意保険もセットにして考える保険です。
今や、任意保険は二輪に乗るライダーのマターの一つになっています。

----------------------------------------------------------------------------------------

バイクの保険には、任意保険と強制保険があります。
バイクや自動車を購入すると、「自動車賠償責任保険(自賠責保険)」という強制保険に自動的に加入が義務づけられています。 ところが、実際のバイク事故では、そこで発生するバイク事故の損害賠償に対して、自賠責保険の補償では不足する場合が多々あります。 バイクの自賠責保険だけでは、補償額、補償範囲ともに十分とはいえません。そこで、十分な補償をするためにバイク保険があるのです。バイク保険に加入するのが自由な任意保険ですが、バイク保険への加入は常識となっています。
 
Web bike-insu.seesaa.net

示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル> ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

5000.gif


バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|価格.comバイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|保険スクエアbang!バイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|比較.comのバイク保険一括見積もり!
アクサダイレクト:ネットでお申込なら最大3500円割引


■自動車保険と示談

自動車保険と示談自動車保険と示談

■価格 1,600 円 

詳細はこちら

自動車保険も選別の時代に入った!どう交渉し、いくら請求できるか?被害者の立場に立って損害の種類と賠償額の算定・交渉術を解説。

【目次】
第1章 交通事故解決の基礎知識/第2章 損害賠償の法律上の根拠/第3章 損害賠償額算定の基礎知識/第4章 損益相殺が行われる場合/第5章 損害賠償額が減額される場合/第6章 任意保険の基礎知識と活用知識/第7章 知っておくと便利な自賠責の基礎知識/第8章 交通事故解決に必要な資料集




・対人賠償責任保険
事故で第三者を死傷させ、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。1億円でも無制限でも保険料に大差はなく、ほとんどの場合無制限に設定し、自賠責保険だけでは金額的に足りない部分を上乗せで補償します。
・対物賠償責任保険
事故で、第三者の車・自転車・家・街灯などを壊して、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。
・搭乗者傷害保険
契約中の車に乗っていた人が事故で死傷された際の怪我を保障する保険です。対象はドライバーも含めた車両に搭乗中の方になります。
・人身傷害補償保険
事故で、本人や同乗している人が死傷、後遺障害を被った場合、過失割合に関係なく、契約の保険金額を限度に、総損害額が補償される。示談が成立していなくても支払われ、完全補償タイプとも呼ばれています。

■自動車保険

自動車保険自動車保険

■価格 8,000 円 

詳細はこちら

【目次】
第1章 一般条項/第2章 賠償責任条項/第3章 傷害条項/第4章 車両条項/第5章 事故諸費用条項/無保険車傷害担保特約/弁護士費用等担保特約/ファミリーバイク特約 人身傷害補償型/自損事故危険担保特約/理想的な自動車保険契約/火災保険




・自賠責保険、正式には「自動車損害賠償責任保険」と言います。一般的には自賠責保険、強制保険と呼ばれています。自動車損害賠償法により運用されています。JA共済も準じます。任意保険と違い、法的に加入が義務づけられている保険です。
自賠責保険に未加入のまま自動車や原付を運転すると 1年以下の懲役、50万円以下の罰金、交通違反減点6点 の処分を受けます。
未加入には当然、契約期間が切れてしまっている場合も含まれます。
自賠責保険の証明書を携帯せずに自動車や原付を運転すると、 30万円以下の罰金 となります。
自賠責保険に未加入ですと車検を受けることは出来ません。
このため、大型バイクは車検の時に自賠責保険の契約の更新も一緒に行うので、契約切れと言うことは滅多にありません。
ところが、250cc未満のバイクや原付には車検がありませんので、購入時に自賠責保険に加入しただけで、契約の更新を忘れてしまうというケースが良くあります。
契約切れにはくれぐれも注意してください。

■自動車事故・対応マニュアル

自動車事故・対応マニュアル自動車事故・対応マニュアル

■価格 1,900 円 

詳細はこちら

交通事故による死傷者数は100万人を超えているし、交通事故関係の検挙者数は刑法上の全犯罪の70%以上を占めている。このような状況では、誰もが被害者となり、加害者となる可能性がある。また、突然起こるので、とっさに適切な対応ができにくい。本書は、被害者、加害者双方の立場から、交通事故や保険の基礎知識のほか、事故発生時から損害賠償の最終的解決に至るまでのすべての対応をやさしく、詳しく解説している。

【目次】
第1章 交通事故が発生したときは、どうするのですか/第2章 自動車保険は、どのようになっていますか/第3章 交通事故の損害賠償は誰に請求するのですか/第4章 損害賠償の請求額は、どのように計算するのですか/第5章 過失相殺は、どのようにされるのですか/第6章 保険金の請求手続は、どのようにするのですか/第7章 示談は、どう進めるのですか/第8章 示談以外の紛争解決方法には、どんなものがありますか




・自賠責保険は原付やバイクを所有している方全員が加入しなければならない強制保険です。
一方、任意のバイク保険は文字通り加入が任意の保険で、アクサダイレクトのバイク保険もこの任意保険に該当します。
自賠責保険と任意保険では、加入の義務・任意、および補償の対象となる範囲が大きく異なります。
・自賠責保険は強制保険です。
すべての自動車(含むバイク)は加入することを義務づけられています。
もし、未加入(期限切れ)で運転すると、法律により以下の処分を受けることになります。自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません。
車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。
・自賠責保険で補償されない内容
以下の場合は、自賠責保険だけでは補償できません。
 ・対人賠償責任が自賠責保険で補償できる範囲を超えてしまった場合
 ・他人の物に損害を与えてしまった。(相手のクルマやガードレールなど)
 ・運転者本人がケガをしてしまった。
 ・自分のバイクが壊れてしまった。

■自動車保険と消費者

自動車保険と消費者自動車保険と消費者

■価格 2,500 円 

詳細はこちら

自動車保険と消費者
日本交通政策研究会研究双書
著者:ヒユー・アンソニー・ルイス・コッカレル /ジェラード・M.ディッキンソン
出版社:成文堂
サイズ:単行本/237p
発行年月:1985年03月




・対人賠償責任保険
事故で第三者を死傷させ、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。1億円でも無制限でも保険料に大差はなく、ほとんどの場合無制限に設定し、自賠責保険だけでは金額的に足りない部分を上乗せで補償します。
・対物賠償責任保険
事故で、第三者の車・自転車・家・街灯などを壊して、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。
・搭乗者傷害保険
契約中の車に乗っていた人が事故で死傷された際の怪我を保障する保険です。対象はドライバーも含めた車両に搭乗中の方になります。
・人身傷害補償保険
事故で、本人や同乗している人が死傷、後遺障害を被った場合、過失割合に関係なく、契約の保険金額を限度に、総損害額が補償される。示談が成立していなくても支払われ、完全補償タイプとも呼ばれています。

■自動車保険徹底ガイド

自動車保険徹底ガイド自動車保険徹底ガイド

■価格 1,000 円 

詳細はこちら

自由化で何が変わるのか?自由化はアナタにとってソンかトクか?保険料・保険内容・保険会社のデータと裏情報を公開。

【目次】
序章 自由化スタートで自動車保険はどう変わるか?/第1章 掛け捨てをムダにしない保険の補償内容と選び方/第2章 保険料と保険金のからくりを徹底調査&分析/第3章 契約・更改・解約でソンをしないコツ/第4章 誰も教えてくれなかった事故時の活用ノウハウ




・任意保険は、自賠責保険だけでは必要な補償額を賄えない場合に備えて任意で加入するものです。
バイクは自動車に比べて事故発生率が高いことに加えて、生身の身体がむき出しになっていますので、転倒・衝突などでご自身が怪我をされたり、他人の物に損害を与えてしまうなど自動車と違い様々な事故のケースが想定されます。しかしこのようなケースでは自賠責保険では補償されませんので、任意保険に加入することによって初めて補償を受けることが出来ます。
自賠責保険は、事故発生時の他人に対しての賠償(対人賠償)部分のみを被害者保護の観点から補償する制度なのに対して、任意保険は下記のような種類の保険があり、複雑な構成となっています。

■自動車保険の現代的課題

自動車保険の現代的課題自動車保険の現代的課題

■価格 3,500 円 

詳細はこちら

自動車保険の現代的課題
著者:鈴木辰紀
出版社:成文堂
サイズ:単行本/210p
発行年月:2000年12月




・バイクが加入が出来る自動車保険には、法律で強制的に加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険(通称=自賠責保険)と、任意に加入する自動車保険(任意保険)の2種類があります。
自賠責保険は、自動車を運行する際に加入が義務付けられているもので、この保険に加入していないとナンバーを取得し道路を運行することができません。
自分が他人の身体に損害を与えた場合(人身事故)の、賠償部分のみが対象になり、車やガードレールなどの「モノ」の損害に対する賠償や、自分の車や怪我の補償などは受けられません。また、補償額は死亡の場合で3,000万円まで、後遺障害で最高4,000万円までと決められており、尊い人命に対する補償額としては決して充分とは言えません。

■よくわかる労災・自賠責請求マニュアル

よくわかる労災・自賠責請求マニュアル(2004年版)よくわかる労災・自賠責請求マニュアル(2004年版)

■価格 2,600 円 

詳細はこちら

できるだけ現場の医事職員の方に即役立てていただけるように窓口対応例をケース・スタディ形式でまとめるとともに、巻頭には知りたいことがすぐに調べられるように項目ごとに早わかりQ&Aを設けた。さらに、前半を「制度編」、後半を「請求編」に分けた。また、労災保険同様に交通事故についても、自賠責保険制度はもとより、窓口対応・請求方法などについて解説している。

【目次】
ひと目でわかる労災保険Q&A/第1章 労災保険制度(労災保険とは/業務災害と通勤災害/労災保険の給付内容 ほか)/第2章 労災診療費の請求と算定(労災保険の請求と支払い/労災保険の診療単価/基本診療料の算定 ほか)/第3章 自動車保険のしくみと請求(交通事故と自動車保険/自動車保険のしくみ/窓口での具体的対応方法 ほか)




・自賠責保険は原付やバイクを所有している方全員が加入しなければならない強制保険です。
一方、任意のバイク保険は文字通り加入が任意の保険で、アクサダイレクトのバイク保険もこの任意保険に該当します。
自賠責保険と任意保険では、加入の義務・任意、および補償の対象となる範囲が大きく異なります。
・自賠責保険は強制保険です。
すべての自動車(含むバイク)は加入することを義務づけられています。
もし、未加入(期限切れ)で運転すると、法律により以下の処分を受けることになります。自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません。
車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。
・自賠責保険で補償されない内容
以下の場合は、自賠責保険だけでは補償できません。
 ・対人賠償責任が自賠責保険で補償できる範囲を超えてしまった場合
 ・他人の物に損害を与えてしまった。(相手のクルマやガードレールなど)
 ・運転者本人がケガをしてしまった。
 ・自分のバイクが壊れてしまった。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
Copyright(C) 2006 バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険 All Rights Reserved
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。