バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険
バイク・自動二輪・原付の任意保険の大切さと基礎知識を初心者にも分かり易く解説しています。
自動車賠償責任保険(自賠責保険)は強制保険といわれるとおり、強制的に入ることになる保険ですが、
バイク保険は任意保険もセットにして考える保険です。
今や、任意保険は二輪に乗るライダーのマターの一つになっています。

----------------------------------------------------------------------------------------

バイクの保険には、任意保険と強制保険があります。
バイクや自動車を購入すると、「自動車賠償責任保険(自賠責保険)」という強制保険に自動的に加入が義務づけられています。 ところが、実際のバイク事故では、そこで発生するバイク事故の損害賠償に対して、自賠責保険の補償では不足する場合が多々あります。 バイクの自賠責保険だけでは、補償額、補償範囲ともに十分とはいえません。そこで、十分な補償をするためにバイク保険があるのです。バイク保険に加入するのが自由な任意保険ですが、バイク保険への加入は常識となっています。
 
Web bike-insu.seesaa.net

示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル> ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

5000.gif


バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|価格.comバイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|保険スクエアbang!バイク保険 バイク任意保険|自動二輪&原付の保険|比較.comのバイク保険一括見積もり!
アクサダイレクト:ネットでお申込なら最大3500円割引


■自動車事故と保険賠償

自動車事故と保険賠償自動車事故と保険賠償

■価格 3,200 円 

詳細はこちら

【目次】
自動車安全の概要/人的要因による事故原因/自動車事故とその解析/事故予防対策/事故時および事故後の対策/事故車の損傷診断/アクティブ・セーフティ(予防安全)とASV(先進安全自動車)/交通事故問題解決のための基礎知識/物損事故の損害賠償/人身事故の損害賠償/過失割合の認定と認定基準の解説/自動車保険の基礎知識とその活用方法/損害補償を解決する具体方法




・自動車保険の役割は三つあります。
一つは事故に遭われた被害者への金銭的な救済です。
一つは事故を起こした加害者の賠償資力の確保です。
一つは事故にあった際のライダーの治療費の確保です。
バイクは歩行者や自転車に対しては加害者となり、クルマに対しては被害者になる特殊な存在です。加害者となった場合、刑事罰は罰金の支払いや交通刑務所に入れば償えますが、被害者に対しての金銭的な補償は自身で支払わなくてはなりません。といっても万一被害者が死亡してしまったら、その賠償金は数千万円から数億円となり、とても個人では負担できません。その資力の確保のために対人賠償保険があります。

■保険事業と規制緩和

保険事業と規制緩和保険事業と規制緩和

■価格 4,500 円 

詳細はこちら

【目次】
第1部 損害保険事業と保険消費者の接点(日本における保険制度/損害保険料率に占める適正利潤の在り方/損害保険と損害防止の関係について/損害保険における担保の総合化について/運送人と損害保険者の対立関係について)/第2部 保険事業に対する規制緩和とその対応―韓国の例を中心として(保険事業の規制緩和と保険者の倒産に対する対応/自動車保険における強制保険と任意保険のめざすべき固有の役割/自動車保険における料率体系について)




・他人の生命・身体への賠償<対人賠償保険>
バイク乗車中の事故や接触によって、他人を死傷させてしまった場合の賠償責任を補償する保険です。
対人賠償は自賠責保険でも補償されています(死亡時最高3,000万円、傷害時最高120万円)が、任意保険があれば、自賠責保険でまかないきれない高額な賠償に備えることができます。
・自分自身または同乗者への賠償<搭乗者傷害・自損事故・無保険車傷害保険>搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険は全て運転者自身または同乗者のケガなどに対する補償です。ただし、自損事故保険と無保険車傷害保険には下記のような条件があります。
自損事故保険・・・自賠責保険から保険金が支払われない場合に限る。
無保険車傷害保険・・・事故の相手方に賠償能力がない場合に限る。

■PTSD診断と賠償

PTSD診断と賠償PTSD診断と賠償

■価格 2,600 円 

詳細はこちら

【目次】
第1章 ストレスの基礎―トラウマティック・ストレスの発症メカニズム/第2章 PTSD基礎/第3章 損害賠償実務におけるPTSD判断/第4章 交通外傷後のPTSD紛争事例の考察/第5章 労災認定とPTSD/第6章 頭部外傷と精神疾患の関係/第7章 代表的精神疾患の解説と診断の留意点/第8章 損害賠償における賠償神経症の考察/第9章 精神科医アンケート調査「PTSDに関する精神科医の見解―現在までの調査を含めて―」




・他人の生命・身体への賠償<対人賠償保険>
バイク乗車中の事故や接触によって、他人を死傷させてしまった場合の賠償責任を補償する保険です。
対人賠償は自賠責保険でも補償されています(死亡時最高3,000万円、傷害時最高120万円)が、任意保険があれば、自賠責保険でまかないきれない高額な賠償に備えることができます。
・自分自身または同乗者への賠償<搭乗者傷害・自損事故・無保険車傷害保険>搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険は全て運転者自身または同乗者のケガなどに対する補償です。ただし、自損事故保険と無保険車傷害保険には下記のような条件があります。
自損事故保険・・・自賠責保険から保険金が支払われない場合に限る。
無保険車傷害保険・・・事故の相手方に賠償能力がない場合に限る。

■保険の現代的課題

保険の現代的課題保険の現代的課題

■価格 9,709 円 

詳細はこちら

【目次】
1 総論(近代保険の起源と相互主義/フランス保険企業の支払能力について/日本人のリスク認識 ほか)/2 保険法(民法422条と商法662条の交錯/EC経済法と保険事業の国家監督規制の緩和/フランス保険契約法の現代化の動向 ほか)/3 生命保険(全労済の生命共済事業をめぐる諸問題/日本の相互会社問題/生保金融の動向 ほか)/4 自動車保険(搭乗者傷害保険金と損害賠償/自動車損害賠償責任保険契約における相当因果関係についての蓋然性の一局面/米国の自動車保険における無保険運行者担保について ほか)/5 海上保険(ドイツ海上保険における性質危険の担保可能性/堪航承認条項の効力 ほか)/鈴木辰紀教授略歴/鈴木辰紀教授業績一覧




・自賠責保険は原付やバイクを所有している方全員が加入しなければならない強制保険です。
一方、任意のバイク保険は文字通り加入が任意の保険で、アクサダイレクトのバイク保険もこの任意保険に該当します。
自賠責保険と任意保険では、加入の義務・任意、および補償の対象となる範囲が大きく異なります。
・自賠責保険は強制保険です。
すべての自動車(含むバイク)は加入することを義務づけられています。
もし、未加入(期限切れ)で運転すると、法律により以下の処分を受けることになります。自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません。
車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。
・自賠責保険で補償されない内容
以下の場合は、自賠責保険だけでは補償できません。
 ・対人賠償責任が自賠責保険で補償できる範囲を超えてしまった場合
 ・他人の物に損害を与えてしまった。(相手のクルマやガードレールなど)
 ・運転者本人がケガをしてしまった。
 ・自分のバイクが壊れてしまった。

■現代保険法

現代保険法現代保険法

■価格 3,500 円 

詳細はこちら

【目次】
保険制度/保険法/保険契約総論/損害保険契約/損害保険各論/自動車保険/生命保険/傷害保険契約・疾病保険契約/保険事業/共済法/“無認可共済”法




・自賠責保険、正式には「自動車損害賠償責任保険」と言います。一般的には自賠責保険、強制保険と呼ばれています。自動車損害賠償法により運用されています。JA共済も準じます。任意保険と違い、法的に加入が義務づけられている保険です。
自賠責保険に未加入のまま自動車や原付を運転すると 1年以下の懲役、50万円以下の罰金、交通違反減点6点 の処分を受けます。
未加入には当然、契約期間が切れてしまっている場合も含まれます。
自賠責保険の証明書を携帯せずに自動車や原付を運転すると、 30万円以下の罰金 となります。
自賠責保険に未加入ですと車検を受けることは出来ません。
このため、大型バイクは車検の時に自賠責保険の契約の更新も一緒に行うので、契約切れと言うことは滅多にありません。
ところが、250cc未満のバイクや原付には車検がありませんので、購入時に自賠責保険に加入しただけで、契約の更新を忘れてしまうというケースが良くあります。
契約切れにはくれぐれも注意してください。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
Copyright(C) 2006 バイク任意保険|素人でもわかる自動二輪&原付の保険 All Rights Reserved
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。